弁護士紹介

橋本 敦 Atsushi Hashimoto
登録年 1957年 

自己紹介

弁護士歴60年。

1974年より4期24年間は参議院議員として、国政の場で活動。その間、党議員団の国対委員長、金権腐敗政治追及委員会の委員長として田中金脈・ロッキード事件・金大中事件など追及。また、国会ではじめて北朝鮮による拉致問題を政府に認めさせ、国民の人権をまもるためにも努力。

今までに取り扱った事件としては、大教組・和教組の勤評闘争事件、全逓中郵事件、衛都連事件をはじめ公務員労働者の労働基本権確立や報知新聞労組不当解雇事件やレッドパージ裁判など労働者の権利をまもる多数の労働事件を担当。その他多くの市民事件のほか、熊谷組の自民党への政治献金違法確認請求事件、介護保険料天引違憲訴訟等があります。

趣味は、クラシック音楽鑑賞です。

活動分野・所属団体

九条の会
大阪平和委員会名誉会長
大阪憲法会議顧問
関西勤労者教育協会副会長
レッドパージ弁護団団長

著書

『労働裁判・判例の理論と実務』『働く者の労働法』(労働旬報社)

論文

『日本近代史に見る平和憲法の源流』
『治安維持法と横浜事件』
『歴史の岐路に立って河上肇の気概を今に』
『川上貫一に対する国会議員除名の暴挙とその時代的背景』など

北大阪総合法律事務所

24年の国会議員活動を生かして、相談や執筆に精力的です。年齢を感じさせない頭の切れには脱帽します。大好きな珈琲は毎日欠かしません。

この弁護士に関する記事

橋本敦弁護士が卒寿を迎えました

2017.10.14

当事務所の橋本敦弁護士が卒寿を迎えました…続きを読む